キャッシング返済相談に家族を同伴させると上手く行くらしい

キャッシング返済相談に家族を同伴させると上手く行くらしい

親族に交渉してもらうと、キャッシング会社に本人だけで返済の相談に行き交渉するよりも第三者つまり親族や弁護士さんが間に入って交渉するようにすると交渉がスムーズにすすみまとまることが多々あるようです。
もちろん冷静に話し合いができることも理由の一つではありますが、最大の理由はキャッシング会社の内部事情によるものです。

具体的に言ってしまうと、会社によって債権回収の社内規定がきめられているので、話の相手次第でどこまでなら譲歩しても構わない、逆にここは譲れないと言った内容から判断の権限が誰にあるのかといったことが事細かに定められていると言うことです。
つまり、交渉を担当する係はほぼ何の権限も無いスタッフの場合がほとんどなので、上司に判断をあおいでいるだけなのがほとんどだと言うことです。
この盲点を突くことで意外と簡単に話をまとめることができるのですが、あまりここで強気に出すぎでしまうとせっかくまとまりかけた話が台無しになってしまいますので気をつけましょう。

そういった事情から、債務者本人が返済交渉してもダメだったのに親族など第三者を介入させたとたんに簡単に交渉がまとまってしまうと言うことは良くある事だそうです。

 
キャッシングの知識と心構え TOPへ キャッシングの悩み キャッシング返済相談に家族を同伴させると上手く行くらしい