キャッシングで注意しなくていけない延滞というもの

キャッシングで注意しなくていけない延滞というもの

お金を借りたんですから当然ですが返します。
となると返済日というものが設定されます。
キャッシングしてから何日までの間に振り込んでください、といった形で必ず定期的に設定される返済日。人間ですからうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。
その場合にどうなるかと言うと、「延滞」と言うことになるのですが、これには大きく分けて二つの種類があります。

一つは、キャッシング会社との間での延滞です。
つまりうっかり忘れなどで返済が遅れてしまった場合です。
これはすぐにキャッシング会社に連絡を入れすぐに入金することで解決します。
もちろん遅れてしまった日数分の延滞金が発生しています。
もったいないですから自動引き落としできるのならしてしまった方が良いですよね。お金は大切に、です。

そしてもう一つの延滞、それは信用情報機関が定めている延滞です。
ちょっとした延滞だったとしても一応信用情報機関にはのってしまいます。
当然ですが、何社からか借りているのならその延滞の情報はほかのキャッシング会社にも知れてしまいます。そして、すべての会社から追加の借入はできなくなってしまいます。

そのまま3ヶ月も返済をしないでいるといわゆる「ブラック」として登録されて消費者金融業界ではお金を借りることはできなくなってしまいます。
もちろんですが、だからといってヤミ金融のようなところを利用するのはやめた方が良いでしょう

 
キャッシングの知識と心構え TOPへ キャッシングの金利 キャッシングで注意しなくていけない延滞というもの