キャッシングの新規客開拓

キャッシングの新規客開拓

キャッシング会社は初めてキャッシングを利用する客が好まれます。
少なくとも借入件数の少ない方が良しとされます。
自転車操業のような状態の所に貸していては貸し倒れしてしまってその分損害が出てしまう可能性があります。

大手キャッシング会社では、やはり積極的に初めての人に貸す戦略をとっています。
自転車操業では、最初のところで借りてさらに二番目のところで借りてきて最初の所に返す。
そして三番目のところで借りて二番目に返して四番目で借りてといったことの繰り返しになります。
少なくとも初めの段階で貸していれば安全に返済がされる可能性が高いでしょう。
しかも数値として初めての客はちゃんと返済する可能性が高いという数値が出ているようです。

広告戦略などでも無意識に初めての客を集めるような仕組みができあがっています。
「初めての…」「まず…」といった形で、無意識の中に残るようなフレーズを用いられているのです。
一方で、大手より下の所では大規模なCMが打てないのでなかなか初めて借りるような客が集まりにくくなります。
そして、ある程度のリスクを覚悟して借入のある人にも貸しているといった形でキャッシング会社の中でも格差が生まれているようです。

 
キャッシングの知識と心構え TOPへ キャッシング会社の目 キャッシングの新規客開拓