キャッシング借入件数を少なくする対策

キャッシング借入件数を少なくする対策

キャッシングの借入件数を少なく維持するためには、毎月の返済を一日たりとも遅れることの内容にすることから始まります。
初回の契約から半年、最低でも3ヶ月も返済日前に返済する実績を作っておくことで少しずつ限度額がアップしていきます。
つまり借入件数を増やさないために必要なのは日頃からの返済実績を作ることで信用を得る、そして返済実績で作った信用で限度額を広げてもらい、追加の融資を受けられる状態にすると言うことです。
これはちょっと嫌らしいやり方ですが、わざと借り入れて返済することを繰り返して実績を作ると言ったことも実際には可能でしょう。
もちろん、そんな余裕があるのなら貯金でもしておいた方が良いのでは?と思いますが。

逆に、返済日に遅れるような状態を繰り返すと信用がなくなり、限度額があがるどころか減額にだってなってしまうのです。
結果としては、万が一お金が非通用になったときに別のキャッシング会社に手を出してしまい借入件数が増えていくという悪循環につながってしまうのです。

そもそも、借りたお金なんですからちゃんと返すのは当然のことです。
また、返済実績によっては金利面でも優遇を受けられることがあります。
キャッシングを使うのなら確実に返済ができるようにすることは基本中の基本です。

 
キャッシングの知識と心構え TOPへ キャッシングに申し込む キャッシング借入件数を少なくする対策