キャッシング契約の交渉をする

キャッシング契約の交渉をする

融資条件の交渉といっても、つまりはちょっとだけわがままを言ってみればいいのです。
単純に下げてってお願いしても無駄です。
ここはちょっとした工夫が必要になります。

いくつか選んで申し込んだキャッシング会社の中でも、条件が一番良かったキャッシング会社に電話をしましょう。
内容は、審査結果の内容では必要な金額にならないので、もうちょっとどうにかならないか、と言った形で交渉を持ちかけます。
ここで、渋い反応が返ってきたならば逆にこちらからこの金額では意味がないので、と言って断ってしまいましょう。
もしここで、諦めてしまうようなキャッシング会社ならばこのまま諦めて2番手だったキャッシング会社に電話してしまいましょう。

もし担当者が困っているようなら、ここで一つ勝負をしましょう。
他者にも申し込んでいて比較対象になっているところの方が条件的に良いのだが…もうちょっと何とかなってそちらで○○円くらい(審査結果+50万くらいがベストらしいです。)で○%くらいにできれば貴方の所と契約しようと思っていたのですが、、、的な発言をして揺さぶりを掛けましょう。
これでも交渉の余地がない用ならやはり早々に切り上げてしまいましょう。

キャッシングの条件は十分に交渉の余地があるはずです。
言わないで損するなら、とりあえず言ってみる方が良いでしょう。

 
キャッシングの知識と心構え TOPへ キャッシングに申し込む キャッシング契約の交渉をする