キャッシングで使われる信用情報機関

キャッシングで使われる信用情報機関

信用情報機関は三つあり、それぞれが消費者金融(全国信用情報センター連合会)、クレジット(CIC)、銀行(全国銀行個人信用情報センター)をそれぞれ専門に受け持っていたようで、たとえば銀行で借入を受けていてもクレジットの方には情報が行かない(逆にクレジットの情報は銀行には行っていたようです)といった形の抜け穴があったのです。
しかし、今では三つの信用機関それぞれをほぼ全て共通のデータベースを持っていると思ってもかまわないと思います。
とくにキャッシングに対しては以前に比べると厳しくなっているので多くの信用情報機関を使っていると思って間違いないでしょう。

また、信用情報機関の情報は一般的には有料で一回の照会につき500円ほどかかるようです。
キャッシングの申し込みごとにそれが行われていてその負担が全てキャッシングの際の利息からまかなわれているのは言うまでもないでしょう。

私たちが信用情報機関を利用することも可能なようです。
非常にデリケートな情報ですが探偵などが実は利用して個人情報を照会しているといった形の事が実際に探偵業をしていた人の書いた書籍などで語られていることもあります。
興味のある方はそういった書籍も読んでみてはどうでしょうか。

 
キャッシングの知識と心構え TOPへ キャッシングの知識 キャッシングで使われる信用情報機関